センター 南 スロット

センター 南 スロット

……よくわかんないね」 「へへ」と恥ずかしそうに笑ってはぐらかすと、鈴菜も「ふふ」と少し笑い、水滴が浮いているコップの表面を撫でつつ、穏やかな笑みを浮かべた

「私はですねぇ……、中等部の時にちょっとだけ付き合ってた人がいたんですよね」 突然切り出された恋愛話に、優樹は「……へ?」と、キョトンとした顔で目を見開き顔を上げた

あなたも好きかも:ドラクエ5 スロット
 このような話題とはなかなか縁がなかった

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン まごころを君に スロット 設置店
それだけに、正直、興味はある

あなたも好きかも:ふじみ野市 パチンコ店
 じっと聞き耳を立てる優樹の気配に少し吹き出し笑った鈴菜は、コップから水滴を撫で落とし、言葉を続ける

「幼なじみ、みたいな人で

親しい友人だったんです

だから、付き合おうとか、そういうのもよくわからなくて

でも、一番親しい男子で

親同士も仲が良かったから、たぶん、親公認、ってことだったんだと思います

……私たちとしては、特別な感情はなくて、仲が良かっただけ、だったんですけど……、でも、周りが持ち上げると、そういうことなのかな、って思っちゃったりして、意識しだして

嫌いじゃなかったから、自然と好きになれていたと思います

……休みの日とか一緒に遊びにも行ったし、食事もたくさんしたし

でも、何か物足りなかったんですよね」 コップの水滴を撫で落としながら、鈴菜は鼻からため息を漏らして肩を落とした

「なんて言うか……真面目過ぎて