アクエリオンevol パチンコ 199 保留

アクエリオンevol パチンコ 199 保留

 ただ、その王女を嫁がせた国に、軍を使って攻め込むということも、普通にあり得るのが王家のというよりも、国の外交なのである

 フローリアの言葉に、シルヴィアは頷いてから言った

「フローリアのことは心配していません

あなたも好きかも:ユーチューブ パチンコ このごみ
ですが・・・・・・」 シルヴィアはそう言いながら考助を見た

 いざという時、血のつながりがあるからといってそれだけで手を差し伸べそうなのが考助だというのが、シルヴィアの評価なのだ

 そんなシルヴィアに、フローリアが苦笑をして見せた

あなたも好きかも:小山 パチスロ
「まあ、言いたいことは分かるがな

それは、それこそその時になってみないと分からないだろう? 今から心配しても仕方ないと思うぞ?」 シルヴィアが心配しているのは、いざという時に裏切られることになる考助のことだと察して、フローリアがそう言った

「それに、もしそんなことになれば、黙っていないのが、ふたりいるだろう」 フローリアはそう付け加えてから、当然のように考助の後ろに控えていたコウヒとミツキを見た

 もっとも、それもシルヴィアの心配事のひとつだったりするのだが、それこそフローリアが言ったとおりに、今からそんな心配をしても仕方ない

 そもそも、考助に限らず、ほかの神々に対して人々が行ってきたことと同じようなことだ

 考助は、そうしたことを何度か見てきているのだから、実感として理解できている

 あとは、変なことに巻き込まれないように、周囲にいる者たちが目を配ることが重要だろう

 そのことは、シルヴィアとフローリアも十分に理解できているのであった

魔道具に絡めて今後のことについて、トビが成長してきたので、いろいろと思うことはあります

トワの血族が、今後馬鹿な真似をしないように願うばかりです