麻雀物語2 スロット 天井

麻雀物語2 スロット 天井

あなたも好きかも:マグナアニマ カジノ
ほっといてもいいのか……と取り残された俺は悩む

電気椅子に座ったままピクピクとウニョウニョと電極がつけられた全身の筋肉がぜん動し続けているナンマルを見ながら悩んでいるとその六つに割れた腹筋の辺りから、ソウタがいきなり出てきた

あなたも好きかも:なのは パチンコ 感想
「お、おう……俺は立ち去っていいのか?」「うん

行って来てよ

こっちはチョンマゲマンを仕上げとくからさ」ソウタはそれだけ言うと再び腹筋の中へと姿を消した

何となく釈然としないが、ソウタが行ってもいいと言っているので良いのだろうと、俺はふだんとは違い、退出時に明かりが消えない思念の部屋の扉を開けて、外へと出る

通路を歩いていると、城内を周っている衛兵に会ったので思念の部屋が使用中なので、扉の前に護衛をつけるように上司に報告して貰う様に頼みつつ自室へと複雑な中央城の中を戻っていく

もうさすがにここに来て長いので、城内の大よその地図は把握した

隠しエレベーターから降りて、自室のあるフロアへと降りるとミーシャとジャンガスが扉を開けて、部屋の中へと入っていく後姿が見える

何かあったのかなと思いながら、俺も自室へと入るとリビングのソファで、ミーシャとジャンガスが起きてきていたらしいタガグロとセイに何かを相談しようとしているところだった

「あ、兄さん

兄さんも聞いていってよ」すぐに俺の気配を察知して、振り向いたバンダナ姿のミーシャが声をかけてくる

「どうしたんだ」俺は手招きするタガグロの隣に座った

あなたも好きかも:ps3 パチンコ ソフト
対面側のソファに座るミーシャたちが口を開く

「師匠、ほんと朝から悪いんすけど、ゴウブさんのことなんすよ あ、彼とは昨日知り合ったんですけど……」二人はゴウブと第四王子領で少なくとも一回は会っているはずだが、きちんと名前を認識したのは昨日らしい