パチンコ 経緯

パチンコ 経緯

ダンジョン探索を終えれば、もう戻らなければならなかった

「ま、ポータルがあればいつでも会えるんだ

あなたも好きかも:銀座 スロット 優良
機会を設けてまたやり合えるさ」 そう言ってライノクスが笑う

 ハイヴァーン公国からハイヴァーン王国への回帰

先祖が望んだ時代を作り出すために、本日ライノクスはハイヴァーン公国へと帰還することになっていた

 そして早朝訓練を終えて朝食を摂ると、ライノクスと護衛の兵たちは昼前にはポータルで転移して、ハイヴァーン公国へと帰っていったのである

◎ハイヴァーン公国 大公城マルフォイ そして場所は変わって、ハイヴァーン公国首都ディアサウスの中心にある大公城マルフォイ

あなたも好きかも:パチスロ バジリスク 絆 しんどう じゅ つ
 その中庭に設置してあった距離転移用ポータルが輝き始め、しばらくしてその光が消えると、その場にはライノクスと五人の護衛たちが立っていた

「ポータルか

便利なものだな」 ライノクスは背後にあった、己を転移させたポータルという魔法具を見て呟く

それはミンシアナ王国の辺境にあるゴルディオスの街から、ハイヴァーン公国の首都までの移動を一瞬で可能とする恐るべき魔法具だ

 そして、今回ライノクスと共に帰還したのは五人の護衛のみであった

ジライドはすでに戻って公務に就いており、シンディは育児中であるため白の館に滞在中だ

 だからその場にいるのは六人のみ

だが、それはおかしなことだった

ライノクスもすでに帰りの時間をジライドに伝えてあった

出迎えがあって然るべきであり、そもそもポータルに警護の兵が付いていないというのはありえないことであった

 それからライノクスは周囲を眺めて、その異常に気付く