地獄少女 スロット あとは フリーズ

地獄少女 スロット あとは フリーズ

「おじいちゃん! ライア帰って来た!」「おお、そうかえ

教えてくれて有難うなぁウィリ」「どういたしまして!」 ウィリと呼ばれた子供は、木幕に屋台での礼を言うと、すぐに皆の元へと行ってしまった

あなたも好きかも:パチスロ まどマギ キュウべぇ セリフ
 ここにいる子供が彼の事を知っているという事は、味方なのだろう

あなたも好きかも:塚本 パチンコ おすすめ
 少しばかり身構えていたのを完全に解き、沖田川と共に少年の所まで歩いていく

 近づいてきたことに気が付いたのか、剣を鞘に納めて小走りでこっちに走って来た

あなたも好きかも:スロット イベント ギャラクティカ
「今帰りました師匠!」「え?」「む?」「お帰りライア

怪我はないかの」「はい! 問題ありません! えっと、師匠? この方たちは……?」 そう言い、彼は二人の事を手で示す

 沖田川は小さく頷いてから、紹介してくれる

「木幕殿とレミ殿だ

子供たちの行く末を変えてくれる者たちじゃよ

挨拶なさい」「お、おお! そうですか! 初めまして木幕さん、レミさん! 俺はライア・レッセントって言います! 宜しくお願いします!」 ライアは頭を深く下げて挨拶をしてくれた

 とても良い子だという第一印象を受けるが、それよりも持っている武器と沖田川の事を師匠と言ったことが気になって仕方がない

 その事をレミが聞いてみると、ライアは胸を張りながら説明をしてくれる

「へへっ、師匠は強いし助けてくれるしで、俺その剣技に惚れたんです! そんで弟子入りしたんですよー!」「そうなんですね! 私はちょっと違うんですけど、ライアさんと同じ様に弟子やらせてもらってます!」「おー! そうですか! いいですよねー師匠たちの剣技!」「確かに! でも私あんまり教えてもらってないんですよねー」「俺もですよー

一個だけしか教えてもらってないです」 同じ弟子同士、話が通じるところがあるのだろう

 師匠二人を差し置いて楽し気に会話をし始めてしまった

 二人の言った通り、木幕と沖田川はあまり技を教えていない

 木幕に限っては教えることができないというのが一番大きい所なので、立ち合いとしての基礎を教えているだけだ

 沖田川はまだ技を教えれる段階まで来ていないという事で、あえて教えていない