スロット まどマギ3

スロット まどマギ3

「妨害に遭ったところでだな」「蹴散らしゃあ同じでしょう」 エスク=ソーマがセツナの意を汲んだ一言を発し、にかっと笑った

“剣魔”の獰猛な笑顔は頼もしいことこの上なかった

『ジベルの内乱に介入する必要なんてあるの?』 ミリュウが疑問を呈したのは、三日前の夜のことだ

エインを交え、ジベル問題に関する会議が開かれた席上、ミリュウの疑問はだれもが抱くものではあったのだろう

あなたも好きかも:ブラックジャック 植物人間 zip
エインの話を聞いていたレムでさえ、ジベル行きには難色を示していた

 もっとも、レムの場合は、個人的な感情によるものだろうが

 ファリアやマリアも疑問視しているのは、ハーマイン=セクトルの反乱がまったくもって完全にジベルの自業自得であり、ガンディアにはなんの責任もないからにほかならない

あなたも好きかも:スロットマシン 倍率
 それに対して、エインは、ガンディアがこれまで他国の問題に口を出してきたことは何度もあったということを説明した

まず、ログナーの内乱に介入し、ログナーそのものを併呑したことを上げ、つぎにマルディアを救援したことを述べている

アバードを例に出さなかったのは、その場にシーラがいたからだろう

あなたも好きかも:スロット ゲームセンター バタフライ
シーラの感情を考えてのことというより、シーラの機嫌を損ねたことによるセツナの反応を恐れたと考えるのが、彼らしいかもしれない

『ジベルも、ガンディアに救援を求めてきたっていうんです?』『まあ、そうです』『なんとまあ厚顔無恥な連中さね

自国の問題なら、自国で解決するべきだろうに』『その考え方自体は否定しませんが、現状、ジベルには解決不可能な問題でしてね』 エインは、ミリュウやマリアたちの反応に苦笑を浮かべながら、状況を説明した

 ジベルの内乱というのは、ハーマイン=セクトルが処断を免れるために引き起こしたものだ