朝倉 パチンコ

朝倉 パチンコ

まだ私がセーフ・ハウスを抜け出すチャンスを伺っているという事を見透かしているのかもしれない

「でも……………」「今の情報だけで十分

今回は敵にバレるタイミングが速過ぎただけなの」「……………」 もう一度窓の外でも眺めようと思ったその時、ドアがノックされる音が聞こえてきた

あなたも好きかも:ガルパン スロット 劇場版 終了画面
すかさず坊や(ブービ)君がハンドガンのグリップを握りつつドアの近くに行き、合言葉で仲間かどうかの判別を始める

あなたも好きかも:地獄少女 スロット ウエディングドレス
「ここはどこだ?」『スターリングラード』 帰ってきたのは、ケーター君だった

 情報収集に行ってたみたい

私が同行するのを許してもらえなかったのは、きっと私が命令違反して単独行動を開始することを危惧していたからなんだと思う

「ん? あのデブは?」「そこのドア開けてみろ」 帰ってきたケーター君は、ハンチング帽を近くの壁にかけてから部屋のドアを開けた

あの太っていたおじさんを尋問するのに使っていた部屋で、ドアを開けた瞬間に腐臭にも似た猛烈な悪臭が溢れ始める

 鼻をつまみながら部屋の中を見渡していたケーター君は、顔をしかめながらドアを閉めた

そして思い切り息を吐きながら苦笑いし、近くにある椅子の上に腰を下ろす

「……………ピンク色のスムージーだ」「飲んでいいぞ?」「アホか

腹壊すっつーの」 椅子に座って書類を整理していた坊や(ブービ)君は笑いながら、片手で中身の入っていない試験管をわざとらしく揺らした

彼はさっきまであのおじさんの尋問を担当していたみたいで、あの書類には叔父さんから聞き出した情報がまとめられているんだと思う

 そういえば、あの試験管って調合した酸が入ってたやつだよね? 中身はどうしたんだろう?「それで、何か聞き出せたか?」「あまり有益な情報は得られなかったが……………どうやら過激派の吸血鬼を率いているのは、『アリア・カーミラ・クロフォード』っていう女の吸血鬼らしい」「女の吸血鬼?」「ああ

まさに女王だな」「他には?」「吸血鬼がホワイト・クロックによく出入りしているらしい」「ホワイト・クロック?」 ホワイト・クロックはこのサン・クヴァントの象徴

大昔からこの帝都の中心に屹立する、とても大きな時計塔