一騎当千2 パチンコ 設置店

一騎当千2 パチンコ 設置店

 なにも主人公、ヒロイン、「対になる存在」だけが「あらすじ」づくりにつながるかというとそうでもない

パーティーメンバーのひとりであったり、宿命のライバルであったり、滅ぼさねばならない敵だったり

もしかしたら、橋の上で主人公に助力するだけの人物かもしれません

 漢の高祖・劉邦の軍師に張良という人物がいました

その軍略によって宿敵である強国楚の英雄王・項羽を翻弄し、最終的に項羽を自害に追い詰めました

あなたも好きかも:住之江公園 周辺 パチンコ
 若かりし頃の張良は、ある日橋で老人が佇んでいる姿を見つけました

名を黄石公と言います

彼はわざと落とし物をして張良が拾ってくるのを待ったのです

張良が何事もなく落とし物を老人に届けたら、当の老人は「五日後の早朝にもう一度来い」と命じます

あなたも好きかも:久留米 パチンコ おすすめ
五日後、日が昇ってから橋を訪れた張良を見た老人は、「目上の者を待たすとは何事か」と叱咤したのです

そして「また五日後の早朝に来い」と約束しました

今度は朝に合わせて橋へ行ったのですが老人は「まだまだだ」と言い、「また五日後の早朝に来い」と語りました

今度こそ張良は夜明け前に橋へやってきて、ついに老人は張良を認めます

「その謙虚さが必要だ」と言って「太公望の兵法書」を張良に授けたのです

この「太公望の兵法書」こそがのちの「武経七書」のひとつに列する『六韜』だとされています

 張良が現実の人物であることから、この短い物語は「謎の老人」のキャラから先に決めた「キャラ先」で作られたのは明らかです

 そこに現実の軍師・張良の才能を「当代の太公望」と評しました

実際に精強な楚軍と戦っても受け流し、大敗せずに後方支援の簫何(しょうか)からの増兵を待ち続けました