美幌 パチンコ 求人

美幌 パチンコ 求人

その背中を見送り、洋一はホッ……と肩の力を抜く

あなたも好きかも:パチンコ 玉拾い
 少年は少し顔をしかめ、みんなを窺った

「……何かいけないこと言ったっけ?」「あのですね、渡って、……渡翔太?」 洋一が目を据わらせて問うと、少年はニッコリと笑った

あなたも好きかも:パチンコ アニバーサリー ポスター
「そうだよ

この前一緒にいるのを見たから

似てるよな、渡に

あなたも好きかも:スロット zent名古屋
付き合ってるんだろ? あの子と」「……あのー、すンませんけどね、そういう話題はやめてもらえます?」 みんながそろっと目を見合わせる中、洋一は深くため息を吐いて苦笑気味に注意する

「おたくが何者かわからないッスけど、……あいつと翔太先輩のことを知ってるってことは事件のことも知ってるわけでしょ? あいつが平気なワケないんだから」「ん? ……でも、渡に似てるから付き合ってるんじゃないのか?」「違いますよ

彼女は好きな人がいますから

その、渡翔太サンとは無関係な人です」 美代子が真顔ではっきりと告げると、少年は間を置いて顔をしかめた

「じゃあ……たまたま似てるヤツと一緒にいるわけ? ……ふうん……

……ま、いいか」 何かを考え込み、小さく息を吐くと、訝しげなみんなを見回してにっこりと笑った

「邪魔して悪かったな

ンじゃ、がんばって」 場を乱すだけ乱して少年は足早にそこから離れ、先を歩く友達に合流する

その後ろ姿を見送って、みんな、「だはぁーっ」と肩の力を抜いた

「ヤ、ヤバくないですか? 大丈夫ですか?」 勝則が困惑気味にうろたえると、洋一は深くため息を吐いた