ロイヤル パチンコ 苫小牧

ロイヤル パチンコ 苫小牧

「何もない海の上ですし、もう使者は到着したのですよ? 大した魔力も持っていないランツェナーヴェを警戒する意味などありません」「これから先、貿易のために次々と船が転移してくるのですから監視は必要ではありませんか

……騎士団長、境界門へ直ちに騎士を配してください」「はっ! 人数はどのくらい必要でしょう?」 フェルディナンドはディートリンデの言葉を無視して騎士団長に声をかけ、騎士団長はその命令をすぐに実行するために二人で決め始める

ディートリンデは自分を無視する二人が腹立たしく思えて仕方がなかった

「わたくし、もう戻ります!」「ディートリンデ様、例年の進行から歓迎の宴がいつになるのか予測ができるのでしたら、そちらの手配をお願いします」 フェルディナンドはディートリンデに背を向けたままそう言って、騎士団長と自分の側近達を連れて境界門へ騎獣を走らせ始める

 あまりにも自分を軽んじている態度に腹を立てながらディートリンデが側近達と自室に戻ると、側近達までフェルディナンドの言葉に従って歓迎の宴の手配をしようと動き始めた

「お待ちなさい

誰の命令を聞いているのです? 貴女達の主は誰ですの?」「ディートリンデ様、わたくし達はフェルディナンド様の命令で動いているのではございません

あなたも好きかも:ドラクエ 10 カジノ コイン 増やし 方
ディートリンデ様のために動いているのです

あなたも好きかも:スロット ドル箱 どこに置く
ランツェナーヴェの使者を迎える宴の準備ができていなければ、次期アウブであるディートリンデ様に不手際があったと他国の者には取られてしまいますもの」 フェルディナンドの命令がなくてもディートリンデのために動いていた、と言う側仕え達にディートリンデは気を取り直した

確かにその通りだ

側仕え達はディートリンデに汚点を付けるわけにはいかない

「いいわ

行ってちょうだい」 ディートリンデがランツェナーヴェの使者を迎える準備をするように軽く手を振ると、側近達はそれぞれ動き始めた

そんな中、マルティナが手紙を持ってきた