kナビ パチンコ

kナビ パチンコ

「部活、がんばってるー? コレ、差し入れー」 言いながら、椎名はみんなの前、テーブルの上にビニール袋を置いて中身を取り出して並べ出す

 立花は反町を見た

「……センセにも注意してもらった方がいいんじゃないか? ……一番罠に掛かりそうだ」「……

あなたも好きかも:茂原 スロット みやこ
……すっかり忘れてた」 椎名は「フンフン♪」と鼻歌を歌いながら、ジュースやらお菓子を並べていく

そんな彼女を目で追って、反町は少しため息を吐いた

「……椎名先生」「ん? なぁに? ……あっ

別のお菓子の方がよかったっ? 何が好みっ?」 途中で焦る椎名に、反町は「お菓子の話しじゃなくて」と呆れ気味に続ける

「ちょっと部活のことでですね」「ああっ、そう! 先生も忘れるところだった!」 突然、ポンッと手を打つとニッコリみんなを見回した

「明日、新入生の入学式でしょ? 式典を終えたあと、他の部活動じゃね、新入部員の勧誘をやるらしいの

あなたも好きかも:店長 ブログ スロット
今、どの部活もみんなその準備で大忙し……なのにみんなは準備しないの?」 キョトンとした顔で問われ、みんなは顔を見合わせて首を振った

「オレたち、新入部員は迎えないよ」と、反町が肩を竦めると、「相川と勝則がおるしな」と、一平は苦笑し、「そういうこと」と、他のみんなが同意する

「もったいないー

きっと新入生の中には部活に入れて欲しいって子、たくさんいると思うわよー?」 椎名は「残念~」と情けない笑みを浮かべた

あなたも好きかも:ルパン 三世 パチンコ クローン
「……って、そういう話しじゃなくってさ」 話しを途中で遮られた反町は再びため息を吐きつつ、首を傾げる椎名に切り出した

「どうやら、オレたちのことを良く思ってない人たちがいるらしくってね、姑息な手段を使って来るみたいだから先生も気を付けて」「……

え? な、なに? 何か……怖いこと?」「ああ、ヘタしたら失職しちゃうよ」「……

そ、それは……困っちゃう」「でしょ?」 椎名は困惑げにウロウロとみんなを見回した

「みんなのことを良く思ってないって……

去年の続き?」「とはまた無関係なんだけど」「……