大森 駅 パチンコ

大森 駅 パチンコ

「いやなんか・・・こう・・・その場の勢いって感じで・・・その・・・ガーっ!と言っちゃって」「ふむ・・・感情のままに言いたいことを言ったということか・・・いやそれにしても見事よ

文の勇気は称えられるだけのものだ

あなたも好きかも:北斗 パチンコ 新台 信頼度
胸を張るとよいぞ

これで話は大きく先に進んだというわけだ」「・・・それであんたのあの後押しなわけ?」文の責めるような目にアリスは堂々と胸を張ってふっふっふと楽しそうに笑っている

あなたも好きかも:キャンディアイランド
そもそも反省という考えそのものがないのだ、良かれと思ってやったことであって反省する理由が見当たらないといった様子である

ここまで堂々としていると文としても怒る気すら失せる

あなたも好きかも:ダンバイン パチンコ cd
もとよりアリスの行動に対してどうこういえるだけの立場ではないのは文も理解しているのだ

「匂いはまだいいとして、なめさせようとするってどういうことよ・・・味覚で人の感性が変わるとでも?」「あぁ、そのあたりはたきつけた

お前の味を知っておけばきっとコータもお前を独占したいと思うだろうと思ってな・・・」「独占って・・・なんか変な話になってない?」「そうでもないぞ?コータはお前を自分のものにしたいと思っておる

少し話した感じだがお前がほかの男と仲良くしているところを想像させたら何やら嫉妬したようだ」「・・・へぇ・・・」文は何でもないように努めようとしていたが、アリスの言葉を聞いて自然に頬が緩んでしまっていた

顔が赤くなり、自然と表情は笑みを作ってしまう

康太が嫉妬した

自分を取られたくなくて嫉妬した

文を自分だけのものにしたいと思っている

アリスの妄言かもしれないが、アリスがこのような嘘をつくとも考えにくく、文は自分の表情をコントロールできなくなってしまっていた

それほど康太のその反応はうれしかったのである

「で、でもだからってなめさせるのはちょっと変よ