大泉学園 禁煙 パチンコ

大泉学園 禁煙 パチンコ

 ナンシーでは仏国内にあった独軍の後送患者全てが集合することもありました

このため、同地では度々1日で1,400から1,700名の患者が到着し宿泊することもあったのです

あなたも好きかも:フラッフィー・レンジャーズ
ナンシーでは70年8月23日から71年5月5日までに傷病者144,940名が通過し、この内70,282名が前述の停車場脇に建設されたノートルダム・ドゥ・ボンスクールの兵站病院に一時入院しています

 ラニーは70年11月24日からパリ攻囲軍の傷病者指定集合地となりました

またオルレアンとル・マンで生じた独第二軍の傷病者も一時はここを目指して搬送されたのです

その後第二軍の患者輸送はオルレアンからモンタルジ、トネール、ショーモン、ブレームを経てナンシー又はヴァイセンブルクへ至る鉄道路線が指定されました

あなたも好きかも:re:cyborg パチンコ
 ラニーでは70年11月27日から71年4月11日までに傷病者48,242名が一時滞在・通過しています

あなたも好きかも:java 乱数 スロット
同地に至った患者たちは多くがこの地で荷を降ろして空となった糧食縦列列車に乗せられ搬送されました

通常は翌日にエペルネーに達し、ここからシャンパーニュ地方やアルザス=ロレーヌ地方の兵站病院か戦時常設病院に分散収容され、長時間輸送が可能な者は独本土まで後送されました

独本土に到着した患者専用列車 第一軍とマース軍で生じた患者は当初ランス~メジエール~メッスの鉄道線で送致され、後にフルアール経由でフォルバックへ至る路線も使用されるようになりました

第三軍の患者は全てナンシー経由でヴァイセンブルクへ送られます

1870年11月8日から1871年3月23日までにエペルネーを通過した傷病者は84,827名に及び、内19,000名余りがここから「衛生専用列車」に乗せられ後送されました

 この「衛生専用列車」は重症者が出来るだけ優先利用し、有蓋貨車にベッドを入れて列車には軍医数名と看護兵や軍属が同乗し看護しながら独本土の戦時常設病院や宗教団体の療養施設を目指しました

 また、軽症者と伝染病でない疾病発症者で比較的軽い症状の者の後送については「傷病兵列車」が編成され、これは有蓋貨車の車内に藁を敷き詰めるか布団を敷いて患者を寝かせ、厳寒期には厚手の毛布を支給しました

もちろん軍医と看護兵が付いて看護に当たったのです

ヴュルテンベルク軍の衛生列車 これらの「医療専用列車」はこの戦争から登場したもので、独軍では「戦傷病者の救護におけるこの戦争最大の進歩」と自画自賛しています