スロット ガックン したら

スロット ガックン したら

たまにちゃんと着替え取りに帰るしぃーっ」 口を尖らせ正当性を訴えるが、白川は素っ気なく「やっぱりプチ家出じゃん」と突っ返す

七海は頬を膨らませて、ツーンと顎を上げた

「って言うかぁ、友達と一緒にいる方が楽しいしぃー」「だからプチ家出してんの?」「ちがうってー」 七海は「ンもーっ」と頬を膨らませ、足下の石を摘み、それを遠くに投げた

「いーじゃん別にぃっ」「いいけどさー

ちゃんと家に連絡してる? しといた方がいいよー」「正信チョーうざい」 不愉快そうに遠目から睨む、そんな七海に白川は苦笑するが、ミータの頭を撫でながらその手元に目を向けた

「けどホント、心配してるかも知れないじゃーん」「してないよ

ウチはそういうトコだから」「そんなのわかんないよー」「わかるの」「そうかなー」「正信だって毎晩こんなコトしてさ、親は知らないんでしょ? しかも怒られないんでしょ? 人のこと言えないじゃん」 説教じみた白川に逆の立場を、と目論んでじっとりと目を細めるが、白川の方はあっさりと肩を竦めた

「けど、オレはちゃんと家に帰ってるモン」「……ムカつくーっ

あたしと一緒だよっ

あなたも好きかも:そに子 パチスロ
親にコソコソしてさーっ」 物を投げる素振りをしてふて腐れる七海に、白川はミータの長くてすらりとしたシッポを軽く掴み撫でた

あなたも好きかも:ぱちんこ 港南台
「コソコソなんかしてないぞー

堂々とちゃんと玄関通っていくし、猫たちのご飯だって台所で作っていくしさー」「じゃあ、親、知ってンじゃん」「知らないと思うなー

あなたも好きかも:パチンコ 換金所 わからない
オレには無関心だからさー」 七海はふと、表情を消す