スロット 萌スロ

スロット 萌スロ

牧草地の葉っぱの表面をけぶらせる白い光は、大きな満月の落とす素晴らしい月光だ

メインで運ばれてきた、子羊の香草焼きをほくほくと切り分けながら、ネアはふと爪先に異変を感じてテーブルの下に視線を落とす

そこには、黄緑色の毛皮のおたまじゃくしのような不思議な生き物が、爪先にへばりついて尻尾を振っていた

「………ディノ、爪先に得体の知れない生き物がもたれかかっています」「おや、これは牧草地の妖精だね」「ゼノが教えてくれた、心を穏やかにする生き物ですか?」「その内の一種で、たくさんいるよ

この手の妖精は喜びや安堵の感情を好むから、食事を楽しんでいる君に惹かれてやってきてしまったのだろう」「一匹くらいなら可愛いですが、踏んでしまわないかとハラハラしますね」「排除してあげようか?」「む

あなたも好きかも:パチスロ メダル,換金
そこまでの強行手段に出ずとも、少しばかり足をぱたぱたさせて、自ら退いて貰います」しかし、ネアが足をぱたぱたさせると、妖精はキュウキュウと声を上げて大喜びしてしまった

最終的には、慣れているのか宿の従業員がバーベキュー用のトングのようなものでひょいと掴み上げてくれて、草原にリリースされている

すごすごと草原に帰って行く妖精を見送りながらデザートのタルトをいただき、ネアとディノは、蛍のように妖精達が光る幻想的な草原を眺めながら、お部屋に戻った

そこまでは覚えているのだ

「ネア、朝だけど露草を摘みに行くかい?」「ふぁい

………つゆくさ

あなたも好きかも:パチンコ ウルトラマン 初代
………むが?!」次に意識が戻ったとき、ネアはなぜか素敵なキルトのベッドカバーのお布団の中にいた

がばっと半身を起こせば、窓の外は早朝の爽やかな光に包まれている