リッチモア バカラ

リッチモア バカラ

「あのっ……」「良いんだよ、別に

小さなことだ

気にするな」 イスラはそう言って、カナンの二の句を封じた

今更思い返しても仕方がないし、湿っぽい話題を続けるのも苦手だ

 だが、カナンが何か言いたげにしているのは、顔を見れば一目瞭然だった

「気にするな」と言われて本当に気にしなくなるような性格だったなら、ここまで苦労を背負いこむことも無いだろうな、とイスラは思った

 鍋の下に差し込んでいた明星《ルシフェル》を抜いて、火を止めた

「今だから言えるけど、劣等感なんてつまらないものだよ

あなたも好きかも:パチスロ 攻略 ブログ
自分自身が抱え続けるのも馬鹿らしいし、他人に共感を求めるのはもっと馬鹿らしい

結局は、俺がそれをどうやって呑み込むかって話でしかないんだからさ」「……イスラは、どうやって納得したんですか?」「サウルだよ

奴が最後に言ったんだ

あなたも好きかも:パチスロ ウィッチマスター 天井期待値
お前も闇渡りのさだめに抗ってみないか、って……悔しいけど、奴の言ったことが一番の特効薬だったな……」 イスラの中では自明のことだが、カナンにとっては寝耳に水だった

あなたも好きかも:偽物語 スロット aタイプ ボーナス察知
アブネル達がサウルから大きな影響を受け、今なお心のどこかで崇拝していることは彼女も知っている

だが、まさかイスラにまで影響を及ぼしているとは思わなかった

それも、彼の根源的な悩みを砕くほど強烈な一撃だったのだ

只者でないことは重々理解していたが、彼女の想像を上回るほどの浸透ぶりだった

「でも、それだけじゃない」「え?」 ジャガイモのポタージュを二人分の椀に注ぎ、パンを添える

あらかじめ焼いてあった羊肉の香草焼きも添えてカナンに渡した

「奴の言葉はあくまできっかけだよ