グラップラー バキ パチンコ

グラップラー バキ パチンコ

人の命を弄ぶ、あの悪魔の様な実験を……っ

あなたも好きかも:パチンコ 中区 イベント
「……分かった、お前に付いてくよ

ただ、もしやばそうなら絶対に引く

それだけは約束してくれ」「…………ありがとう

こんな状態だもの、無茶はしないわ」 二人を危険に晒すことだけは避けないと

あなたも好きかも:パチスロ 新台 少ない
こんな私のわがままに付き合ってくれる優しい彼らを、私の無謀の所為で一度は死なせてしまうところだったんだ

もう二度と、あんな思いは……「っ

動いた……」 男はゆっくり、ゆっくりと草原を奥に進む

あなたも好きかも:パチスロ 勝てるのか
どんどん背の高くなる草に視界を奪われ、二人と逸れないようにするのも難しくなってきた

普通に歩かれたのならこうして隠れての尾行など不可能だったろうが、まだ覚醒しきっていないのであろうヨタヨタ歩きの彼のおかげでなんとかなっている

 しばらく歩くと遠くに小屋が見えた

魔竜の姿は……無い

魔獣の気配も無く、やはりあの男の工房であろうと思わせる魔術痕がそこかしこに窺《うかが》えた

「……工房のあたりは草も生えてないみたいね

アイツらが建物に入ったら攻め込むわ

二人は表で魔竜の警戒をお願い」「っ! お前……っ

一人で乗り込むってのか……⁈」 まだ彼らには見えないであろう小屋を睨みながら私はそう言った

握りしめた拳を掴まれ心配されると、またなんとも心強い

彼はきっと待っていてくれる