牛久 スロット店

牛久 スロット店

 世の中甘くないものだ

「無理に未練を捨てる必要は無いさ、魔力を生み出せるようにはなるが人並みだ

ユグラのようになるにはさらに人間を止める必要もある

そんなに人生を投げ出すほど切羽詰っちゃいないんだろ?」「まあな

あなたも好きかも:パチンコ another
後気になることは……ああ、何で地球からこっちに飛ばされたんだ?」「それは分からん、次元魔法が関与している可能性は高いんだがな

新たに次元魔法を取得した存在はいない筈だ」 結局異世界転移の謎は謎のままか

 色々と推察はあるが今ここで話し合う場合でもないだろう

「顔見せとして十分情報を与えただろう

あなたも好きかも:パチンコ 勝つ
俺としては人間達と魔王の厄介ごとに介入する気はない

あなたも好きかも:グランドオープン スロット 打つなら
俺に関する情報の共有も好きにしてくれ、ユグラ教の連中は頭を抱えるかもしれんがな」「お前が説明してくれりゃ話が早いんだが」「めんどい、止むを得ない場合は名乗ってやっても良いが人間の問題は人間で解決してくれ

そうだこう言った呼び出し方は止めて欲しいから呼び出す方法を与えてやろう」 そういって無色の魔王はクイズ番組に使われそうなボタンを取り出した

「一ヶ月に一回だけ有効だ、大事に使え

ちなみに対価として美味い茶菓子を用意することを忘れるな」 そういってこちらの手元にボタンを置いたと思った瞬間、奴は最初から居なかったかのように消えた