パチンコ フジコー 長伏

パチンコ フジコー 長伏

 逆に何故答えないのかと首を傾げているだけである

「何故答えぬ」「ぉぁぇ……ま、ぇ……」「ああ?」「ぇ……ぜ、ぁぉ……っ」 柳は嘆息する

 空を仰ぎながら、鯉口を切った

あなたも好きかも:シバタ― パチンコ
「!!? や、柳様!! お待ちください!!」「冷雨流(ひさめりゅう)奇術……」「やや、柳さ、ま!」 ティッチィが声をかけたところで、柳の動きが止まる

 空を仰いでいた目線を地面へと向けてみると、隣にティッチィがいた

 それを見て圧がようやく解かれる

 周囲は明るくなり、跪いて息を殺していた魔族、魔物たちが一斉に息を吐いて脱力した

 新たに来た魔族以外は、そのような調子だ

「げっほえほごほごっほ!! おぇ、ぇあっは……」「柳様、このような者が目の前におられては気分を害されますでしょう! 私めがすぐに遠ざけます!」 すぐに足元まで移動した魔族は、女魔族を抱えて颯爽と何処かへ行ってしまった

 柳の返事を聞く前に運んだところを見るに、その許可を得るまで滞在するのは愚策だと感じ取ったのだろう

あなたも好きかも:スロット アプリ 一覧
 柳は頭を軽くトントンと叩いて、ティッチィと同じ目線になるようにしゃがみこんだ

あなたも好きかも:木 ぱちんこ
「すまない、ティッチィ

我を忘れていた様だ……」「い、いえ、いえいえ! 大切なご友人様を手に掛けようとした、メルアナ様に問題がございます……」「やはりお主は、優しいな」 柳はそういった後、立ち上がる

 こちらを向いて申し訳なさそうな笑顔を向けた