スロット まどマギ プチボ

スロット まどマギ プチボ

「成る程な……不思議な場所が多い地獄だからこその洞穴か

誰にも見つけられずひっそりと残っていた洞穴、もとい洞窟

周りに転がっている死体は命からがら逃げ出したは良いけど、力尽きて意識と痛みを保ちつつ誰にも見つけられず再生する事も出来ない死体って訳だ」 誰にも見つけられないが為に、死体はそのまま再生する事も出来ない

しかし此処は地獄なので死ぬ事も出来ず、身体が動かずに延々と、いや、永遠に苦痛を覚えつつ死んでいる状態という事

 幾ら生前に様々な罪を犯した罪人とは言え地獄での寿命が尽きるまでこのままというのは辛いかもしれない

逆に他の苦痛が無いので良いかもしれないが、口も利けぬ亡者から話を聞く事も出来ない

なのでバアルは先程の亡者達を見て呟くように話した

「見てしまった以上仕方無いな

与えられるべき罰を受けなくては再び転生する事も出来ない

あなたも好きかも:スロット おすすめ 機種
我らがこの場所を覚えて亡者達を連れて行くとしよう

あなたも好きかも:ノーマル スロット おすすめ
このままでも良いと思っている亡者には怨まれるだろうが、怨まれるのには慣れている」 此処にある全ての死体を回収し、再び再生させると述べるバアル

それが誰にとっての良い事で誰にとっての悪い事かは分からないが、今回ばかりは仕方無い

部下の悪魔たちも頷いており、此処に居る亡者達には救いという名の罰が与えられる事となった

「さて、そうこう話しているうちに見るからに怪しい門に着いたな

……壊れているし、犯人の大凡《おおよそ》の検討は付くけど」 まだまだ並んでいた忘れ去られた亡者達の道を通り抜け、巨大な門があったであろう場所に到達するライたち

しかし門は何らかの強い力によって砕かれており、大人の平均的な人間や魔族が入れる程の穴が空いていた