スロット ポセイドン 機械割

スロット ポセイドン 機械割

本来であれば、我々が処置せねばならないことを、殿下がおやりになられるのですから……」 確かに生徒の間で起きたことだ

本来なら先生達が対処すべき問題ではあるのだが、解決した根底には殿下の活躍によるところもある

 その為、今後の為にもと口を挟んだのだ

「それでは本題に移ろうか?」 落ち着いた表情と声でハイドラスは語り始める

 だが、その様子を恐ろしくて堪らない様子で震えて待つアーミュ一同

 自業自得だろうと呆れ気味に見下す目線で見るが、一応気付かれないように気を配る

「アーミュ・ラサフル

お前の犯した行いは、そう許されるものではない

よって、本来であれば、貴族地位の剥奪及び、投獄される訳だが――」 ハイドラスのその厳しい判決にアーミュは空かさず待ったをかける

浅ましく、懇願するようにお願いする

あなたも好きかも:パチンコ どんじゃら データ
「どうかっ!それだけは……」 その醜い様子に呆れて首を振る

「……最後まで人の話を聞け

あなたも好きかも:パチンコ 換金所 バイト 福岡
いいか、被害者であるリュッカ・ナチュタルに先程、お前への処罰に関しての希望を聞いてきた」「……っ!」 被害者はリュッカとソフィスだが、一応ソフィスは加担をした形にもなっているからと、リュッカのみに聞いたのだ

「無事に戻って来れたから、そこまで厳しい処罰を与えないでほしいと聞いている

その事から、お前達への罰は彼女の気持ちを汲んで、最低限のものとすると、こちらで判断した」 それを聞いてアーミュ一同は、ほっと胸を撫で下ろす

 すると、アーミュが余計な物言いを上から目線で話す

「ふふ……あの女も自分の立場というものを理解したようで何よりですわ

このわたくしに罰を与えるなど、おこがましい限りですわ」 その反省の色も罪の意識もない、高慢ちきな事を口にする

 その様子にアーミュ以外の加害者側は――コイツ、馬鹿なのか!?――という表情が手に取るようにわかる