パチンコ 物語シリーズ 7テン

パチンコ 物語シリーズ 7テン

「………と言うか、あそこまで百面相されていたことを、みなさんはどう思われたのでしょう?」「百面相………?」ネアがそう渋い声を出すと、男達は困惑したように顔を見合わせた

困ったことに、誰も異変を察していないし、表情の変化を見てもいないという目をしているではないか

(なぜだ

みんな優秀そうなのに、どうしてあんな怪しい一人芝居的なじたばたを見逃しているのだ!)あの、時計の間でのグリシーナ伯爵夫人の表情はとても特徴的であった

まず、部屋に入るなりある特定の場所をじっと見つめて、満足げな微笑みを浮かべる

殺された女中の話の後で、いい気味だとでも言いたげな悪い顔をし拳まで握り、更にその後で今度は、切羽詰まったような後悔と怯えの目をして小さく首を振っていた

これは何か関わってるぞという表情だったので、ネアは可愛らしい人だなと思ったのだが

「ですので、いかにもな表情でしたがあれは違う意味だと思うとか、わざと我々を欺く為に演技したと指摘されるのであれば、そうかもしれないと考えますが、………そういう感じでもないのですね?」とても不思議そうに言うネアのせいで、反論したエゴンは項垂れてしまった

あなたも好きかも:ファイアインザホー
「………ネア様、……エゴンだけではなく、私もそれなりにあの女性の表情を見ておりましたが、気付きませんでしたよ」「むぅ、ヒルドさんについては、会話の合間にヒルドさんが他を見ている隙にやられていましたしね」「伯爵夫人に何か疑わしいところがあって、注視していたのですか?」ネアは少しだけ考えた

もし、ネアが受け取ったサインから組み立てた推理が正しいものではなくても、あの瞬間の眼差しは本物だったのだ

あなたも好きかも:パチスロ 年内撤去
「…………あの方は、時計のお部屋に入る瞬間、とても安堵されていたんです」「………安堵?」「ええ

あなたも好きかも:みよし市 パチンコ 会社
ものすごく不快なことから解放されると思わず、ふぅっと安堵の息を吐いてしまうでしょう?そんな仕草が、とても………親近感を覚えて、目に留まりました」「ネア?」持ち上げに甘んじていた魔物が、そこで声を上げて、ネアの視線を引き戻す

魔物にとって放置出来ない話であるらしい

「私もそうやって、たくさんほっとしたからです

お腹の底から肩を震わせて静かな息を吐いて、目を閉じてから安堵の喜びに微笑みを浮かべる人の目が、とてもいつかの私に似ていました」ざあっと風が揺れる

竜の住む谷が近く、花の香りがした

そこは、見事な花々の咲き乱れる不思議な谷なのだそうだ

「だとすれば、あの方はどれだけ怖く、不愉快で苦しい思いをしたのだろうかと、不謹慎ではありますがお気の毒になってしまいまして………」ネアをじっと見返す魔物の目は静かだ

水紺色の瞳に不思議そうな色を浮かべて、どこか納得がいかない顔をしている