草加 バカラ

草加 バカラ

ただ、もう1つ、無視するに無視できない状況について訊ねておく

"私は手紙を出した側にどういった態度を取ることが、穏便に済むのでしょうか?"そう訊ねてしまった時は、更に悲しそうな表情で義父は少しばかり口を閉じた

夫がそのまま放っておいて良いといったが、それではまた口煩い義姉妹が血の繋がった夫の方に何かを言うのではないかと、妻なりに心配してもいた

あなたも好きかも:パチスロ 創聖のアクエリオン2
嫁いでから、シネラリアも手伝う事になった領主の一族の仕事には、明らかに義姉妹がバンに押し付けた的な物もあった

彼女はそれを正式な手続きで戻したり、融通が効かないものは彼女が手伝い、片付けた

それからはシネラリアが、領主一族の仕事を受けとるものは目を通す事になって、バンは幾らか仕事に追われる事はなくなって、妻に感謝をする

ある意味で夫婦の仲は良くなったのだが、こんな方法で互いの仲を理解するような事はしたくなかった

あなたも好きかも:ブラックジャック マナー
シネラリアは、普通に時間を重ねる事で、たまに喧嘩があって当たり前ぐらいの、自然の流れで良くなる事を望んでいた

あなたも好きかも:パチンコ ともみん
だから義姉妹の身勝手さに、相手にしないと考えつつも、大いに不満を持つことになる

しかし、婚姻を結び家族になったとはいえ、"血の繋がり"という厄介な縛りの関係に、シネラリアは上手く口を出せる程、自分が口達者でもないのも、自覚している

だからどうしても"賢者"である義父の、ピーン・ビネガーに今後の自分の振る舞い尋ね、聞きたかった

義娘が申し訳無さそうな顔をしているのに気がついたなら、責任感の強い領主はすぐに悲しそうな顔を引っ込めた

それから得意のイタズラ小僧を彷彿とさせるで"ニイィ"とした笑顔をつくって見せたなら、義娘は軽く驚いた

シネラリアが驚いた事に、多少機嫌を良さそうにしてとんでもない"助言"をしてくれる

『いっそ、シネラリアの研究の一環として《お焚(た)き上げ》のついでに処分したらどうだ?』『旦那様、若奥様の研究に絡めておふざけになられてはなりませんよ』シネラリアが研究していた魔術を知っている義父が、義娘にだけに通じる冗談―――そんな手紙燃やしてしまえ―――を言ったなら、それを執事が諌めてくれる

『いや、ある意味そんな理解不能で不条理過ぎる手紙を《お焚(た)き上げ》に使ったのなら、占いでどれだけ"凶"の気がでるか気にならないか?』そこまで言われた時、シネラリアは思わず笑いだしていて、"とても凄い凶の気が出そうなので、"毒気"が抜けるまで保管しておきます"と答えたなら、イタズラ好きな義父はまた"ニイッ"と笑って執事を伴って、シネラリアの前から去って言った