山口県 パチンコ 萩市

山口県 パチンコ 萩市

やっぱり不健全だなぁ、おまえは」 オレはため息を吐いて、「……よし」と、顔を上げた

「じゃあ今度……、おまえが行きたいところに連れて行ってやるよ」「……、え」「ずっと放ったらかしにしてたからな

今度、一日中遊んでやるから」 大きな目をもっと大きくして「わあっ!」と、嬉しそうにジャンプした

「ホントっ? ホントにっ?」「ああ

あなたも好きかも:パチンコ アクセス 川崎
どこか行きたいところとかあるか?」「動物園!」「ライオンとケンカでもしたいのか?」「ペンギン! 見たい!」「……おまえ、一緒になってボーッとしそうだけどな」「ペンギン見たい! あとっ……、あと……ちっちゃいの!」「なんだそれ

ミドリムシの大群でも見たいのか?」「いや! そんなのいや!」 ムッとした顔で首を振る

その仕草が面白くて笑った

あなたも好きかも:zenfone go sim スロット
 ――どこか遠くから、変な音がするのは聞こえていた

「リスとか見たいっ

あとね、カピパラっ」「カピバラだ、カピ、バ、ラ」「カピ、バ、ラ

一緒に温泉入ってみたい

のんびりできそう

あなたも好きかも:サイバーブルー パチスロ
お話し、聞いてくれそう」「ネズミだぞ? 巨大ネズミ」「ネズミっぽくないモン」「かじられるぞ?」「……

か、かじるの?」「おまえ、負けそうだもんなあ……」「ま、負けないよっ

だって……、私の方が大きいからっ」「ハハッ、体の大きさでしか勝てないのかっ?」 恥ずかしそうに、どこか悔しそうに口を噤んでいる姿に、おもしろすぎてオレは大きく笑った

そのとき、「おーいっ!」と、対面側から声が聞こえて、オレたちはそちらを振り返った

 二車線の道路を挟んだ向こう側の歩道、その奥の道からみんながやって来た

時間もちょうど十時だ