絶唱 パチンコ

絶唱 パチンコ

そして、優樹と反町を連れて「行きましょ」とその場をあとにした

「詳しいことはよくわかんないんだけど……メイドさんがアワアワしてたから」 タクシーを拾い、大島邸へと向かう道中――

「揉めてるって何かしらね

……流、あんた何か石田さんに吹き込んだんじゃないの?」 真ん中に優樹を挟んだ座席から生美が横目を向けると、反町は視線を斜め上に向けた

あなたも好きかも:稲城 駅前 パチンコ
別に何も吹き込んでないよ」「……ホントに?」「ホントホント」 生美はじっとりと疑うように目を細め、反町はそんな彼女とは目を合わさず車窓に顔を向けた

脳裏で「……まさか、爆弾を仕掛けた、なんてコトは……ないよなぁ……」と考えながら

 ――数十分後、大島邸に辿いて料金を支払い車を降りると、優樹が「どうぞ」と二人を連れて足早に敷地内に入った

途中、来客用の駐車場に見慣れない車と石田の車が停まっているのが見え、優樹は「うーん……」と、眉間にしわを寄せた

「……加藤さんを呼んだ方が早いかなぁ?」 揉め事をさっと片付けてしまいそうなイメージがある

あなたも好きかも:いとうかなこ ルーレット
 無愛想な加藤を思い出しながら優樹が呟くと、「あの人が来たら、みんな逮捕されちゃいそうじゃない?」と生美が顔をしかめ、「あり得るね」と反町も強く頷いた

 優樹はため息を吐くと、住居の東棟を越して、更にその奥まで歩き、日本家屋の建物へ近寄った

あなたも好きかも:007 カジノ ロワイヤル 無料 動画
すると、玄関に辿り着く前にドアが開き、そこからいつも優樹の側に付き添う顔見知りのメイドが現れて三人を出迎えた

「おかえりなさいませ、優樹様」 ペコリと会釈するものの、笑顔はなく、戸惑いを感じる

 優樹は「さっちゃんただいま」と返事をして、ポーチで足を止め、少し訝しげに首を傾げた

「……様子はどう?」「はあ……

少し……、厄介なことになっているようです」 ためらいつつ、腰を低くしてそっと囁くように続けた

「……自室に戻られた方がよろしいです

……巻き込まれてしまうと、面倒ですよ?」 どこか不安げに忠告するメイドに、優樹は「ははは……」と微妙に笑った

「そ、そんなに大変なことになってる?」「……戸紀《とき》様が、とてもお怒りになっていて……」 どうしたものか、と、困るメイドに、優樹は深くため息を吐いた、その時、奥の方から「弁護士を呼びますよ!?」と男性の声が響いて来て、そのあとで「どうぞどうぞ