あいなぷぅ カジノ

あいなぷぅ カジノ

つまり、王族や中央の上級貴族、各地の領主一族の一部だ

悪用されれば、国や領地がひっくり返る事態に繋がる」 そんな危険な物を世の中に出す必要はない

神官長の言う通りだ

わたしは危険や争いは嫌いだ

明らかに悪用されそうな物は秘匿しておいても問題ないと思う

「完全に同意します

あなたも好きかも:違法 カジノ とは
わたくしは衣装の刺繍さえ逃れられれば、それで良いのです」「危険性を理解し、封印に同意してくれるのはありがたいが、婚約済みの女性として刺繍は必須だ

回避するのは良くない

……まったく」 頭が痛いと言わんばかりにこめかみを押さえて、神官長が溜息を吐いた

あなたも好きかも:パチスロ 小役カウンター
「図書館の魔術具の衣装にはこれまでと同じように魔法陣を刺繍しておく

今回のように引継ぎがきちんと行われない事態もあり得るので、君がインクで先に魔法陣を描き、その上から君の魔力で染めた糸で刺繍してもらうと良い」 他人が刺繍すると効果は落ちるが、先にインクで書いているので問題ない、と神官長は言った

「もちろん、花嫁修業と魔法陣の勉強を兼ねて、一つは必ず自分で刺繍するように

……返事は?」「……はひ」 じろりと睨まれ、刺繍の課題を与えられたわたしは、とほほ、という気分で項垂れた

 ……結局、刺繍から逃れられなかったよ

 完成した魔術具を入れておく木箱にインクを納めた神官長がくるりと振り返り、盗聴防止の魔術具を返すように、と言った

内緒話は終わりのようだ