カジノディーラー ルーレット

カジノディーラー ルーレット

(…………………こんな大きな宝石、見たことがない…………)ネルの生まれ育った家は、事故の後はもう修復が不可能なくらいに壊れていたので、今後の生活資金と引き換えにあの土地は手放すしかなかった

街を出るその時に、決して利便性のいい土地ではないその一帯を買い上げてくれた塗りもの屋の主人は、二束三文にしかならないその土地を少しでも高く買い上げて、ネルを何とか再起させようとしていたのだと知った

(でも、自分の家を借りれるような蓄えにはならなくて、テントしか買えなかったんだ

…………これだけの宝石があれば、…………またあの土地に、家族の家そっくりの家を建てられるだろうか)歯を食い縛って台車やスコップでどかし、胸が張り裂けそうな思いで捨てた家のかけらは二度と元には戻らないけれど、あの場所に似たようなものがあれば、ネルの心は少しでも安らかになるだろうか

(でも、あの女の子は、美味しいものを食べて休むようにと言っていた…………)その時のネルは、思っていたよりもずっと疲れていたのだと思う

ひどく混乱していてどうしていいか分らないまま、言われた通りにしなければいけないのだと思い込み、夕方になると、おずおずとあの少女に言われたように頬に傷のある古書店の主人のところを訪れた

「……………ネルじゃないか?…………どうした?」店じまいをしていた店主に声をかけようと、その店の前で固まっていると、彼女は、こちらに気付き気さくに声をかけてくれた

あなたも好きかも:麻雀 物語 パチンコ 初代
確かに頬に大きな傷があるのだが、木漏れ日の欠片のような瞳は鮮やかで美しい

初めてその顔を正面から見て、ネルはなんて綺麗な人なんだろうと思った

振り返った顔は嬉しそうだし、微笑んだり喋ったりする様がからりとしていて、父によく会いに来ていた旅人の一人を思い出した

あなたも好きかも:湯沢 パチンコ
あの魔術師も笑顔がとても素敵で、ネルの大好きなお客の一人であった

あなたも好きかも:アドリブ王子 スロット
「……………あの、………初めまして」「初めましてじゃないだろう

一度、この近くで織物屋をやってたおやじと、一緒に昼食を食べたのを忘れちまったのかい?」「……………そ、そうでした」そうだったと返事をしたものの、ネルはその時のことをまったく覚えていなかった

誰かに無理矢理食事に誘われたことは何度かあったし、ネルを訪ねてこの市場に来てくれた商人も何人かいる

けれども彼等も、すっかり性格も変わってしまったネルを見ると、どこかいたたまれないような悲しそうな顔をして立ち去ってゆくのだ

そんなことを考えていたら、ひょいと顔を覗き込まれた