halulu パチンコ経営者

halulu パチンコ経営者

あなたも好きかも:自作 ルーレット
 そのまま侵蝕が進み、島全土が結晶化するようなことがあれば、セツナたちもこの島を去らなければならなくなるだろう

 が、いまのところ、その心配はなかった

 結晶化は島の半ばにまで至ったところで止まっており、セツナたちの生活圏を脅かすことはなさそうだった

 今後、イルス・ヴァレに神威が満ち溢れるようなことがあれば、再び結晶化が始まるのだろうが、そうなる可能性は低い

 世界は、変わったのだ

 戦後、イルス・ヴァレの住民と神々との間で締結された盟約により、神々は、無為に神威を発散することがなくなった

それにより、神威が猛威を振るうことはなくなり、ひとも皇魔も竜も動物も植物も、なにもかもが神威に毒される可能性が激減した

 神人や神獣と化したものたちは、といえば、鳴りを潜めた

あなたも好きかも:双龍 スロット 公約
 神威に侵され、変容の果てに神の兵と成り果てたものたちは、神に隷属している

あなたも好きかも:2008年 ぱちんこ
神々がその行動を戒めれば、それで済むということだ

 それはつまり、“大破壊”後の神人、神獣などの破壊活動は、神々がそれら神兵を野放しにしていた結果ということになるのだが、そのことに関して言及する声はないのだろう

 また、神兵化の前段階である白化症に苦しむものたちに救いがあったことも、大きい

 救いとは、特効薬だ

 いまや白化症治療の世界的権威となったマリア=スコールが独自の研究の末に開発した白化症治療薬は、改良に改良を重ね、ついに白化した部位の復元をも可能にしたのだ

 白化症――つまり、神威の侵蝕による人体や生体の変容は不可逆的なものであり、変容が始まってしまえば神々でさえ治療は不可能とされていたのだが、マリアの執念は、神々の領域に足を踏み入れ、踏み越えてしまったようだ