overhaul カジノ

overhaul カジノ

あまりにも生々しい拒絶の言葉を浴びせかけられ、アダンの顔がくしゃりと歪む

するとアデラは、美しい眉を顰めて悲しげな顔をするのだ

「…………ああ、私は、イブの体にそんな顔をさせたくなかった!だから私はお前を受け入れ、愛する人を殺したお前の罪を暴き立てはしなかったのよ

私がお前を受け入れたのは、そこに愛しいイブの面影があったから

そしてイブの治めようとした海を平定させるのに、イブであり続ける誰かの犠牲が必要だったから

ただそれだけの為にその存在を許したお前が、私とイブの大事な孫を殺すだなんて!」激昂を滲ませた言葉とは裏腹に、その声はいっそ静かですらあった

だからこそ切っ先は鋭く、ネアは、この人はイブの体だったからこそアダンとの間に子供をも設け、そこにはアダンという人物の存在を認めてはいなかったのだろうと考える

彼女の言う大事な孫とは、魂不在のイブの肉体と、イブを愛した自分の血を継ぐ者のことなのだ

(………そして多分、アダンさんは、アデラさんを愛していたのではないかしら…………)だからこそ彼女に知られたことに絶望し、こんなにもその言葉に呆然としている

あなたも好きかも:パチンコ らんま 高尾
あまりにも苛烈な二人のやり取りにネアが眉を下げていると、白くもちもちふわふわした生き物がずりりっとこちらを向いた

あなたも好きかも:神楽めあ スロット
「久し振りね、人の子

私達、海の生き物の醜い争いに、あなたを巻き込んでしまってごめんなさいね」こちらを向いてそう言ってくれたセレスティーアに、ネアは夢中で頷いた

愛くるしい白もふがむちむち動いているのを見れたので、もはや万感の思いである

「もう一度、素敵なセレスティーアさんにお会い出来たので、今迄のむしゃくしゃが吹き飛びました!」「あら、今でもそんな風に言ってくれるのね」そう笑い、海の精霊王は嬉しそうに目を細める

笑っているような顔になった赤ちゃんアザラシの破壊力に、ネアはもう一度抱き上げてしまいたいような、そのまま連れて逃げてしまいたいような、いけない誘惑に駆られた

「でもまぁ、この子が許しても僕は許さないけどね