ブラックジャック 大会

ブラックジャック 大会

 とりあえずオレ達もヘイネルさんから離れないように、森を進んだ

 しばらくヘイネルさんに習って森の中を進んでいると、カンカンと金属同士がぶつかる音が響いた

あなたも好きかも:パチスロ アミューズメント 仕様 販売
 ここからは見えないが、月への道に残っていた数人の兵士が、音を鳴らしているようだ

 音でアレイアチを挑発し、こちらへとけしかけるのだろう

 目の前にいる兵士達が、戦闘準備を取っている様子をみて、そう判断した

「魔法が効かないのでは?」 魔道書を胸元から取り出し、戦闘準備に入ったヘイネルさんに質問する

「問題ない

魔力を直接ぶつけなければいいだけだ」 オレの質問に、ヘイネルさんは早口で答えた後、魔道書を手に詠唱を始めた

 それとほぼ同時に、ガサガサと大きく周りの木々がゆれ、オレ達の前方にアレイアチが飛び込んでくる

あなたも好きかも:静岡市 パチンコ屋
 そこに狙い澄ましたかのように、エルフ馬に乗ったミズキが飛び込んでいった

「おぉっ!」 兵士達の歓声があがる

 ミズキは、アレイアチの足下に滑り込み、大きく立ち上がった茶釜の背から剣を振り抜いた