花 の 慶次 スロット 解析

花 の 慶次 スロット 解析

 その様子を見たティーダは、とても悲しそうに頷き、次は師匠に向かって語りかけていく

「カナミも、よく聞いてくれ

……これはつまり、三年前に『理を盗むもの』となった三人は、力の『代償』を支払い終えていないという話だ

私たちは、人生をぶち壊され、心を砕かれ、化け物に落とされても――まだそれは手付金程度で、借金は大量に残っていたんだ

ははっ、笑える話だろ?」 ティーダは自嘲しつつ、冗談めかしてお金に喩える

あなたも好きかも:ドラゴンクエスト ヒーローズ カジノ
ただ、暗闇の中で話を聞く私たちは、くすりとも笑えなかった

「借金の取立ては、私たち『理を盗むもの』の意志を問わず、周囲の人間からも強引に徴収していく

その『代償』を押し付ける現象を、私は『呪い』と呼んだ」 『呪い』という言葉の中身が、やっとわかる

あなたも好きかも:マクロスフロンティア2 パチンコ 信頼度
 そして、その『呪い』の最大の被害者であるロミスが、私たちの目の前で呻いている

爪を立てて頭を掻き毟り、眼球が飛び出すほどに瞼を見開き、唾液と自問を繰り返す姿から、凄惨さが伝わってくる

 そのロミスの隣で、とても軽くティーダは説明をしていく

「私の『闇の力』の場合、心を淀ませる『代償』が多い

あなたも好きかも:かんたくん パチスロ
いわゆる、魔が差すってやつだな

私は生きている限り、常に周囲の人間たちの心に不安を抱えさせるんだ

 つまり、三年前―― 『闇の理を盗むもの』は、『不信』の『呪い』を