パチンコ cr楓魂

パチンコ cr楓魂

そんな彼女を1人で買い物に行かせれば、こんなことになる可能性も考えられた

なのにどうして俺は、彼女について行かなかったのか

どうして彼女をちゃんと制御することができなかったのか

あなたも好きかも:パチンコ 風魔 の 小次郎
「―――――――タクヤを汚したあの女が悪いのよ」 やはり―――――――殺したのか

「………………おい、待てよ………やり過ぎだろ」「やり過ぎ? ………………だって、あの女はタクヤを汚したんだよ? 変なことを言って、唇まで奪ったんだよ? タクヤをダメにしようとしてた病原菌みたいな女だったんだよ? やり過ぎなわけないじゃん」 いや、やり過ぎだ

 またしても唇を噛みしめていた俺は、目の前に立っている愛おしい筈の姉を睨みつけ――――――――彼女の頬に、自分の右手を叩きつけていた

 パンッ、と人間の肌を手のひらで殴る高い音が部屋の中に響く

ラウラの頭が揺れ、彼女の頭の上から真っ黒なベレー帽が落ちる

 平手打ちされたラウラは、虚ろな目つきのまま目を見開いていた

あなたも好きかも:デビルマン かい スロット
弟のために尽くしたつもりなのに、どうして平手打ちされたのかが理解できていないらしい

 そして彼女と同じように、俺も混乱していた

今までラウラを咎めたことは何度もあったけれど、こうして彼女を睨みつけながら平手打ちしたのは………………これが初めてだった

「………………殺す必要はなかった筈だ」「どうして………………? だって、あの女は………………!」「――――――――お前まで汚れるだろうがッ!」 レナを殺したからではない

あなたも好きかも:マルチプライヤー スロット
彼女はまだ何もしていない、普通の少女だった

俺たちの敵は人々を虐げる転生者やクソ野郎たち

彼らを殺せば汚れることに変わりはないけれど、俺たちが殺すべきなのは少なくともそいつらだ

 なのに、彼女が殺したのは―――――――まだクソ野郎になっていない、レナである

 いきなり俺に怒鳴りつけられたラウラが、片手で頬を押さえながら凍り付いていた