ゴールデン パチンコ ジャンバリtv

ゴールデン パチンコ ジャンバリtv

俺様がいないと、相手に悪い」「おまえひとりいなくとも、なんの問題もないが

いや、むしろ、おまえのような粗暴な輩が騎士団の代表だと想われないだけ、いないほうがましだったな」「随分と辛辣だな、おい」「これでも優しくしてやっているほうだ」「それはどうもありがとうよ」「感謝を示すなら、いますぐベノアに帰ってくれ」「はっ、冗談じゃねえ」「本気だが」 などと、ベインとロウファの口論は留まるところを知らず、際限なく繰り広げられていく

あなたも好きかも:パチンコ すずみやはるひ スペック
 そんな様子を眺めているのは、ルヴェリス・ザン=フィンライトであり、シド・ザン=ルーファウスだ

あなたも好きかも:マクロス3 パチンコ 199
「まったく、あのふたりは相も変わらずといったところね」「仲が良いんですよ」「あれで?」「はい、あれで」 シドが当然のようにいってのけると、ルヴェリスがため息を浮かべた

「どんな仲の良さよ」「昔から、ああですから」「まあ、いいさ

あなたも好きかも:スロット 分岐計算
問題は起こさないんだからね」 と、オズフェルト・ザン=ウォードは、いった

 そうなのだ

 顔を合わせれば口論を始めるふたりだが、その口論がなにかしらの問題に発展したことは一度もなかった

どれだけ口汚くののしり合っても、それが尾を引かないのだ

しかも、互いに嫌い合っているというわけでもない

どちらも騎士団幹部として信頼し合っており、ふたりで戦場に出れば、お互いをしっかりと援護し、連携し、勝利するのだから、なんの問題もなかった

 ただ、軽口を叩き合っているだけなのだ

 気を許しているからこそ、そんな風に振る舞えるのだろう、と、オズフェルトは想っていたし、それが間違いではないことは、これまでの戦いが証明している

 とはいえ、このような場でも口喧嘩を始めるのは、筋金入りとしか言い様がないのかもしれないが

 オズフェルトは、式典の進行を眺めながら、周囲への警戒も忘れていなかった

 あの忌まわしき大戦が終わり、世界が平穏を取り戻したことを記念する式典だ

まさか、なにかしらの事件が起きるなどとは思ってもいないが、万が一の場合に備えておくに越したことはなかった

 神卓騎士団が救世騎士団と名を変え、新生して早二年半

 組織の規模は極めて大きくなり、世界中に支部を持つほどになった