天満 パチンコ ワクチン

天満 パチンコ ワクチン

領主一族だけになった後、一番に暴走したのはおじい様でした

次は、後編です

「ずっと言われてきましたから

……どこに行ってもローゼマインの方が優れているとか、ローゼマインの方が次期アウブに相応しい、と」ヴィルフリートはゆっくりと息を吐きながらそう言って、おじい様から養父様へ視線を移した

テーブルの上に出されている手は拳にきつく握られて、小刻みに震えているのが見える

この場に座っているヴィルフリートが様々な感情を呑み込んでいるのがわかった

けれど、先程のおじい様と違ってヴィルフリートは取り乱すのでもなければ、声を荒げるわけでもなく、言葉を発す

「エーレンフェストにローゼマインを繋ぎ留めておくことができる領主候補生が私しかいない

この婚約を続けるのはエーレンフェストの領主候補生としての義務だ、とおっしゃった婚約が解消されるわけですが……」淡々としたヴィルフリートの言い方から、ヴィルフリートにとってもわたしとの婚約は義務だったのか、と思った

あなたも好きかも:スロット ギアスr2 終了画面
もしかしたら、本人は解消したかったのをアウブや周囲が止めていたのかもしれない

あなたも好きかも:貞子vs伽椰子 パチンコ 甘 評価
 ……それなら、ヴィルフリート兄様にとって今回の王命は渡りに船、なのかな? 王命による婚約解消でヴィルフリートがあまり傷つかずに終わるならば、それが一番だ

わたしは安易にそう考えて、そっと安堵の息を吐いた

あなたも好きかも:夕方 から おすすめ 台 パチンコ
「それで、父上

エーレンフェストの次期アウブはどうなるのですか?」「次期アウブを決めるのはまだ先だ

すぐの話にはならぬ」 ヴィルフリートの視線を受けた養父様もじっとヴィルフリートを見つめ返し、静かに話す

二人の淡々とした物言いの中には今にもブツッと切れそうなほどに張りつめた緊張感がある

婚約解消を望んでいたから王命で解消できそうでよかった、というような単純な雰囲気ではない

ヴィルフリートが必死に感情を抑えようとしていることを痛いほどに感じて、胃の辺りが引き絞られるような気がした

「シャルロッテが他領の領主候補生を婿にとっても構わぬし、メルヒオールが目指しても構わぬ