パチンコ ぶら下がり 意味

パチンコ ぶら下がり 意味

踏み込む必要はないし、語りたければ彼から話してくれるだろう

「…………お前、誰かが殺されたか、誰かを殺したことがあるな」そう尋ねられたのは、ネアの言動になにかを感じたからだろうか

それは単純なスペック確認のようなものであったので、ネアはもう一度頷く

前述のことがあり、後述のことをなしました

自分の手でどうこうする力はありませんでしたので、悪巧みをし、そうなるように仕向けたのです」「復讐か

それにしちゃ澱んでない」「始められてしまい、終わらせたことなのです

私は今でも家族を愛していますが、長い時間を経て、この世界の皆さんのように静かに暮らして澱を洗い、その後でまた新しく大切なものを見付けたので、あの頃のことは一つ前の頁の出来事になったのは確かですね」話しながらネアは得心した

あなたも好きかも:王子 製紙 社長 カジノ
最初に墓犬に追われた時には怖かったが、こうして何でも屋と二人で街を歩いていても怖くないのは、単純に身の安全が保障されたようだと感じるからだけではなく、ここの空気があの屋敷に似ているからだ

繭の様に閉鎖的で静謐で、ゆっくりと滅びてゆく穏やかな毎日が揺蕩う場所

「…………そうか

なぁ、あんた、蔓草の魔物を見たことはあるか?」「いえ

蔓草の魔物さんとお知り合いだったのですか?」「…………ああ

俺が知っている蔓草の魔物は死んじまったが、新しい蔓草がそろそろ生まれただろうと思ってな」「私の…………、私の知っている魔物であれば、新しい蔓草さんを知っていたかもしれないですね

もしかして、何でも屋さんは、その魔物さんの復讐をしたことがあるのでしょうか?」ネアの言葉に目を丸くしてから、無精髭の男は小さく笑った

「そうだなぁ

そうかもしれん」復讐と口にした彼の表情からそう推察したのだが、そう笑った目の奥がとても悲しそうだったので、蔓草の魔物は彼にとって大切な存在だったのだろうと考える

ネアにも大切な魔物がいるので、同じように魔物に大切な者がいたひとが、取引相手で良かった