近く パチンコ 駐車場

近く パチンコ 駐車場

6/10 21:30追記(活動報告の投稿は、もう少しあとになりそうです……

あなたも好きかも:刑法 賭博罪 パチンコ
申し訳ありません)

いつの間にか、カナミは甲板に上がっていた

 ゆったりとした動きで、近くのテーブルに座る

 『血陸』で航海中でありながらリラックスし切っている姿は、一人だけ全く別の時間軸を生きているかのように感じる

あなたも好きかも:パチンコ 南国麻雀
 そのカナミが、私とグレンのセルドラ談義に加わるのだが――「『無の理を盗むもの』セルドラの『未練』は、普通の幸せです

それは例えば、気持ちのいい朝に飲むコーヒーのような……」 過程が全て飛んだ『答え』だった

 いや、私とグレンからすると、そう見えるだけで、ちゃんとカナミは物語を一頁ずつ進んできて、その『答え』まで辿りついたのだろう

 その成果を、親切心で私たちと共有しようとしているだけ

ただ、それだけで他意はないのだと、優しげな表情からわかるのだが……余りに、色々と、かけ離れ過ぎている

「コーヒー……?」「ご馳走します

あなたも好きかも:パチンコ メルヘン ワールド
異世界の特別な飲み物です」 グレンに聞かれ、カナミは少し得意げに『持ち物』からコーヒーセットを取り出した

 それが『元の世界』のお土産であることを私は知っているので驚きはないが、彼は見たことのない器具に少し警戒していた

 カナミは当然のように魔法で電気をポットに通して、グレンの用意した水を熱し、この『血陸』に場違いな趣向品飲料(コーヒー)を淹れ終える

 ご馳走しようと、三人分

 綺麗なティーセットと共に、空いた椅子の前に置かれた

 もてなされた私とグレンは困惑を隠せないまま、それぞれの席に座っていく

 それを確認したカナミは、自らのカップに口をつけて、飲めるものであることを証明していく

「……はあ」 コーヒーを喉にくぐらせて、感嘆と充足の混じった溜息をゆっくりと吐いた