アクエリオン スロット 天井期待値

アクエリオン スロット 天井期待値

……神様じゃない方の

「ですが、それでは説明できないことがあります

そこの老害は『〈作者の意図(・・・・・)〉は、デルフィアの成長を模範としてエルフの子供達に成長してもらいたいという願いと戦争の肯定』と言いましたが、そう考えると一つ不可解な部分があるのです

老害の言葉を肯定するのであれば、『デルフィア英雄譚』が勧善懲悪の物語ということになります

あなたも好きかも:ジャイロ 来店 パチンコ
もし仮に勧善懲悪の物語として『デルフィア英雄譚』を描きたいのであれば、敵方に感情移入してしまう可能性は極力排する必要がある筈です

ですが、『デルフィア英雄譚』は寧ろ排するどころかその部分を必要がないところまで細密に描いている

……果たしてこれが本当に戦争を肯定するために書かれた物語だと本当に言い切ることができるでしょうか?」 俺の言葉で会場が騒つく

あなたも好きかも:コードギアス反攻のルルーシュr2 スロット 天井
まあ、致し方ないだろう

俺がやろうとしていることは今までの通説の完全否定なのだから

……今まで信じてきたものが実は違ったって言われてもそう簡単に信じられるものじゃないからね

だから徹底的に反論の余地がないところまで潰すんだけど

あなたも好きかも:大宮 西口 パチンコ
――そこ、酷いって言わない!「俺は寧ろ戦争に反対するために『デルフィア英雄譚』が書かれたと考えました

……勿論それ以外にも敵方――ダークエルフについて細かく書く理由は考えられます

これを戦争に賛成する、賛成しないということは関係なく、後世に当時のダークエルフの姿を記録として残そうとした説も考えられます

やっぱり『デルフィア英雄譚』は戦争への賛同を意図して書かれたことも否定することはできません

当時はエルフとダークエルフの間で戦争が起こっていましたから、戦争の士気を高めるために文学を利用するという方法も多かれ少なかれ取られていたでしょう

具体的には戦争に賛成するような表現の小説ばかりを出版し、反対するような表現の小説の出版を禁じる校閲です

実際に俺の生まれ故郷も戦時中はこのような検閲が行われていました