スロット ダイナマイト

スロット ダイナマイト

……まあ、かく言う私もあまり目立たないようにするがな

あなたも好きかも:m-1 パチンコネタ
そもそも、汗を掻かないから代えの服も必要ないと思うところだが」「うーん……

私は個人的に黒が好きだな……結果的に目立たなくはなるが黒好きなのは魔族の本質なのかもな……」 エマとフォンセも服を選んでおり、エマはあまり目立たないような色の服で、フォンセは黒を中心とした服となる

「えーと……」「リヤンちゃんはやっぱり青系……いや、水色系が良いかもね♪」「あ、分かるかも……けど、白も似合うかな……?」 そしてどの服にするべきか迷っている様子のリヤン

 そんかリヤンに向けて話し掛けたキュリテとレイ

その二人はリヤンの服を選ぶ気満々だった

「まあまあ、取り敢えず……」「試着室に行こうねー? リヤンちゃーん?」「え、えぇ……!?」 そして、レイとキュリテによってリヤンは試着室へ連れ去られた

 その後、「……良し

取り敢えず皆は服を購入したんだな?」 ライたち六人は全員服を購入し終え、店の入り口に集まっていた

あなたも好きかも:スロット 鬼浜 愛 天井
 皆《みな》が服を選び終え、後は合流するだけとなっていたからである

あなたも好きかも:パチスロ ガールズ & パンツァー フリーズ
そしてそんな中、ライはある一つの事が気になった様子で尋ねる

「……なあ、何でリヤンはぐったりしているんだ……?」 それはリヤンの様子についてだ

普段から大人しいリヤンだが、今は何時にも増して大人しい

そして何やら、心なしかゲッソリとしている雰囲気だった