cis諸国

cis諸国

「そしてこれです!!」「…………森と流星の酒ですか」「はい

あなたも好きかも:パチンコ 博物館 館長 ブログ
とても珍しいものだそうで、これを今日の晩餐の後から日付が変わるまで、みんなで飲むのです!!」「今夜?」「はい

今夜………と言うか、日付が変わるその瞬間はなぜか、みなさんがヒルドさんとこのお酒を飲みたいそうなので、覚悟しておいて下さいね!」ネアが掲げてみせたのは、古い森の一族が流星雨の夜にだけ仕込んでいた特別な酒だ

その森の一族はとある妖精の一族が殲滅されるよりも早く、流行病で滅びてしまい、それより前に出荷されたものが最後のものになったと聞いている

夏至祭の前夜、ヒルドに微笑みかけた姉は、あなたの大好きなお酒を用意出来なくてごめんなさいねと謝ってくれた

あなたも好きかも:スロット ターミネーター
そんな姉に微笑みを返して首を振ったあの日、ヒルドの誕生日の宴に呼ばれていた精霊王が裏切るまで

あなたも好きかも:パチンコ 屋 バイト 30代
その瞬間までが、家族で過ごす最後の幸せな時間になるとは知らずにいたのだと、話したとすればネイだろうか

或いはダリルだったのかもしれない

ヒルドの誕生日の翌日にある夏至祭は、様々な生き物達の領域が曖昧になる、人間にとっては危うい日である

そんな日の前日に何かを案じ心を揺らすことのないようにと、ヒルドの生まれた日は、エーダリアに尋ねられても曖昧にしか知らせていなかった

以前にネアから仮の日をという話があり、今年の夏の閑散期にでもという話はしたのだが、未だ日程を決めるには至らず返答を決めかねていたのは、かつてこの日を祝い喜んでくれた家族のことを覚えていたからだ

「………………まぁ」「…………少しだけいいですか?」「勿論ですよ

幾らでもどんと来いなのです!」懐かしい酒を持って微笑んだネアを抱き締め、遠い愛おしい森を思った