カジノ ナンピン

カジノ ナンピン

それは『雷神槍』からの派生技である『雷走り』をさらに無数に放つ大技

かつてのジンライであれば、例え一度であっても放つことは不可能なものであった

それを避けたライノクスを見ながらオールドジンライが叫ぶ

「分かるか、ライノクス

ワシは、ようやく求めていたものに手が届いた

人並みの身体

あなたも好きかも:六本木 パチンコ店
並以下の魔力

あなたも好きかも:スロット 動画 人気
それらを克服し、ここまでのワシの技術と今ここで融合した」 そう告げるオールドジンライの顔は、まるで子供であった

オールドジンライは戦いの中で涙を流し、心から喜びを感じていた

そこに驕りがあるようにはライノクスには見えない

あなたも好きかも:スロット もみもみ
ただ、長い時を経て求めていたものにやっと出会えた喜びを噛みしめている、子供のような老人の姿がそこにはあった

(ああ、そうか

そうだな) その姿にライノクスは、考えずにはいられない

恵まれた環境

恵まれた肉体

恐らくは才覚すらもライノクスはジンライを大きく凌駕していた

 ライノクスという天才を前にすれば、ジンライなど本来は路傍の石ころのような存在だったはずだ

であるというのに、ジンライがライノクスの親友となったのは、その食らいつこうとする精神を見たからだ

己にはない、どこまでも純粋な強さを求める意志にライノクスは惹かれていた