新宿西口 スロット

新宿西口 スロット

真面目に依頼書を振り分けているのは一平と勝則くらいだ

そんな、暗雲漂う部室に「コンコン」とノックと共にドアが開いて達也が顔を覗かせた

「よぉーすガキ共

あなたも好きかも:玉屋 パチンコ データ
死んだヤツはいないかぁー?」 その言葉に一平がギロリと彼を睨み付ける

達也は少し笑うとドアを閉め、なにやらいつもとは違う雰囲気の彼らを見回し首を傾げた

「なんだ? このさむーい雰囲気は」 怪訝に眉を寄せつつテーブルに近寄って、そこにドサッと紙袋を置く

あなたも好きかも:パチンコ 朝一 台選び 大工の源さん
「土産だ

あとで食えよ」 大介がピクッと反応してすぐに顔を上げるが、「……あ、あかん」と、歯止めを掛けてそっぽ向く

彼が興味を示さなければ誰も食べ物にはなかなか見向きもしない

「それなんですか?」「どこに行ってきたんですか?」の問い掛けすらない彼らに達也は顔をしかめて見回していたが、加奈に目を止めて眉間にしわを寄せた

「誰だ?」「鈴木加奈と申します

本日付けで学園奉仕屋の新メンバーになりました」 愛想良く自己紹介を兼ねてお辞儀をされ、「ほぉー」と方眉を上げて優樹に目を向けるが、彼女は無表情にどこかを見ているだけ

達也は「?」と顔をしかめ、次に立花の隣にいる多美に目を向けた