スロット 吉宗 極 天井

スロット 吉宗 極 天井

あなたも好きかも:大漁 スロット
前回のように、何もしないうちに無くなるなんてのは、もう御免だ

言われるがままの俺ではなく、ただ俺として、居場所を作ろうと足掻くくらいはするさ」 まだ、居場所を守ると言えるほど大人ではないけれど

「だからエイジェイ、水槽の中の金魚を見る気持ちで、せいぜい眺めてろ」 それが、白井の決意表明だ

ミルエナ・キサラギがまだ、ただのミルエナだった頃、一番最初に行ったのは、自己を捨てることと、廃棄することと、そして何よりも自己を確立することだった

あなたも好きかも:新琴似 麻生 パチンコ
 一見すれば矛盾を感じるようなそれも、当人としてみれば――いや、もちろん当時は困惑したし、それがどういうことかで苦悩し夜も眠れない日が続いたけれど、結果だけ見れば簡単なことで、捨てることこそ自己そのものである、などといった解釈から、一連の流れそのものを受け入れ、すべてが自身であると定義することになる

 あとになって知ったことだが――

 そもそも、〝現身〟と呼ばれる魔術式は、憑依の逆の理で構成され、分析を主点としながらも、自身の構造そのものを改変することで、他者の情報そのものを構築する術式だ

あなたも好きかも:春日井市 パチンコ屋
術者の技量にもよるが、肉体的接触により相手の肉体構造そのものを読み取り、それを自身の肉体――いや、存在において再現することができる

熟練すれば、相手の魔術回路そのものだとて再現可能なのだから、恐れ入る

 そのため、術者が、ミルエナが最初に行ったことは、今持っている自分という肉体を捨てることだ

 最初はストックすることなど、できなかった

相手に変わったら、そのままだ

二度と戻れないし、次に変わるしかない

けれど、ほぼ無意識にそれを使っていたミルエナは、既に自分が誰かの姿であることを自覚していたため、大した絶望感もなく、そこについては受け入れていた